‘2016/10’ カテゴリーのアーカイブ

ホワイトニングの痛みの原因

2016/10/20

歯のホワイトニングをしたいと思っても、なかなかうまくできないなんていうこともあるかと思います。
しかし、ホワイトニングの痛みの原因って知らない方が多いのではないでしょうか?
そこで、こちらでは痛みの原因について調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

痛みの出る原因は歯に塗るホワイトニング薬剤にあります。

一般的に歯を漂白するホワイトニング剤には高濃度(通常35%程度)の過酸化水素という薬剤が使われています。

濃度が薄いものはオキシドール消毒液として薬局でも販売されているのですがこのオキシドール程度の濃度でも通常傷口にふれるとしみて痛みを感じます。

ホワイトニングの痛みは実はこれと同じ原理です。

高濃度の薬剤が歯の微細な細管やひび割れから内部に浸透し神経に到達すると強烈な痛みを感じます。
薬剤の濃度が高ければ高いほどまた施術の時間が長ければ長いほど痛みが発生しやすくなります。
ホワイトニングの痛みは一過性のもので施術後通常24時間以内におさまります。
したがって最も有効な対処法は痛みが治まるのをじっと待つということです。
ただ痛みが出ているときは歯の反応が敏感になっていますので冷たいものや熱いものを口に含むのは避けましょう。

効果的な化粧水

2016/10/07

毛穴をなくしたいと思っている方はきっと多いと思います。
しかし、効果的な化粧水ってどういったものなのでしょうか?
こちらでは効果的な化粧水はどのようなものなのか、紹介したいと思います。

毛穴からの過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まり、さらに肌に留まったホコリや古い角質、メイクなどの汚れが皮脂と混ざり酸化することで黒ずみが生じたり、肌に雑菌が増殖しやすい環境になります。
それによりニキビや肌トラブルが発生しないための方法として、「角質層を潤し、肌の水分量と皮脂量のバランスを整える」ことは大切です。
そして毛穴の詰まりやニキビを改善、予防するためにはまず角質層の潤いを補うケアとして化粧水選びが重要です。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが、年齢と共に減少することで進行する「たるみ毛穴」。
楕円形に拡がったたるみ毛穴が連結して小ジワとなり鼻の脇から頬に向けて現れる「帯状毛穴」。
これらの毛穴トラブルに効果的なのが、肌の根幹に位置する真皮層の潤いを補うことです。

乾燥やニキビが気になる方は手にとり、皮脂やザラつきが気になる方はコットンに染み込ませても良いでしょう。
コットンを使う場合は少し多めに染み込ませ、繊維の刺激を肌に与えないよう注意しましょう。